SE7EN、2年ぶりの日本ファンミーティングを盛況のうちに終了

シェアする


歌手SE7EN(チェ・ドンウク)が日本ファンミーティングを盛況のうちに終えた。

SE7ENは7日午後3時と7時、2回にわたって東京・中野サンプラザホールで2年ぶりに日本のファンに会った。

現場には2年間彼を待ってきたファン5000人が集まり、日本での変わらない存在感をアピールした。

ファンミーティングでSE7ENはダンスと歌、トーク、ハイタッチイベントを披露して、久しぶりに会った日本のファンに格別な愛情を示した。

特に、彼はファンミーティングの最中に「SE7ENが一番大事に思っているものは?」という質問に「人間だ。待っていてくれたファンたち、家族、今この瞬間を一緒にいてくれたスタッフたち、僕と長い間共にしてきて、またこれからも長い時間を共にする大切なイレブン・ナインの人たち」と答えた。

今回のファンミーティングは、SE7ENが個人芸能事務所イレブン・ナインの設立を知らせてから初めて行った公式スケジュールで、今後日本での活動再開の出発点になるものとみられる。

SE7ENはミュージカル「エリザベート」で死(トート)を熱演している。

シェアする

フォローする

にほんブログ村 芸能ブログ 韓国芸能人・タレントへ にほんブログ村 音楽ブログ K-POPへ