OnStyleのリアリティ番組「チャンネル少女時代」韓国で放送スタート

シェアする


女神が8人集まれば何が起きるのだろうか。

少女時代のリアリティ番組、ケーブルチャネルOnStyleの「チャンネル少女時代」が21日に韓国でスタートした。女神からお隣のお姉さん、妹に変身した少女時代は、きさくで気楽な姿を見せてくれた。バカンスと肉に歓声を上げ、一緒に集まっているとじっとしていても笑いの花が咲く女神たちの日常が繰り広げられた。

この日の放送で少女時代はそれぞれメンバーの本格的な個人チャンネルの放送に先立ち、バカンスに行って「チャンネル少女時代」のメンタル鍛練を開始した。これまでにスヨンは「壊れる準備はできている。何でもやらせていただきます」と意気込んでいた。

ティファニーは「2011年以来、メンバーだけでするショーは初めてだ」と言い、スヨンは「メンバーだけでいるときが一番面白い」と話した。ユリは「1年5~6ヶ月ぶりにカムバックするのでハードそうだ。でも、メンバーたちと一緒にステージに立つことを考えると、早くステージをお見せしたくなるし、もっとたくさん活動したい」と本音を明かした。

ユナとスヨンが運転する車に乗ってバカンスの場所に移動した少女時代は、途中で量販店に寄ってバーベキューの材料を購入した。特にティファニーは牛肉と巨峰にこだわるなど、グルメっぷりを発揮しながら積極的に買い物に臨み、注目を浴びた。メンバーは友達との休暇を控え、ごきげんな様子だった。車の中では音楽に合わせて楽しく踊る年相応の少女たちだった。

バカンスの場所に着いた少女時代のメンバーはメンタル鍛練のためのクイズに挑戦した。スイカの種を顔につけ、屈辱的写真を公開するなど、点数を取るためなら何でもした。特にメンバーたちは友達とおしゃべりするように楽しく、愉快にコーナーを進行し、笑いを誘った。ステージの上の華やかな少女時代ではなく、より一層親しみやすい雰囲気の少女時代だった。

「チャンネル少女時代」は初めて少女時代の8人のメンバーが出演するリアリティ番組で、メンバーはそれぞれ自分に一番似合うコンセプト、あるいは普段から取り扱いたいと思っていた分野をテーマに自分だけのコンテンツを作っていく計画だ。

シェアする

フォローする

にほんブログ村 芸能ブログ 韓国芸能人・タレントへ にほんブログ村 音楽ブログ K-POPへ