SS501 ホ・ヨンセン、除隊後初のファンミーティング「0829:HELLO AGAIN」

シェアする

SS501のホ・ヨンセンが除隊後初のファンミーティング「0829:HELLO AGAIN」を大盛況のうちに終えた。

ss50120150829

ホ・ヨンセンは29日午後6時、ソウル誠信女子大学の大講堂でファンミーティングを開催し、約1年10カ月ぶりにファンと意味深い一日を過ごした。

特に、今月4日にチケット発売されるや反響を呼び、1分で全席完売となっただけに、公演前から多くのファンが、会場に駆けつけて待機するなど、久しぶりに開催するファンミーティングにウキウキした様子だった。

ファンの熱い声援を受け、ソロ1stミニアルバムのタイトル曲「Let it go」で、オープニングを飾ったホ・ヨンセンは、序盤から圧倒的な歌唱力で魅力を発揮。続いて、同アルバムの収録曲「Out the club」で知られざるダンスの実力をアピールするなど、情熱的なパフォーマンスでファンの視線を一気に惹きつけた。

そして、会場を埋め尽くしたファンにあいさつをしたホ・ヨンセンは、除隊後の近況についてファンとトークしながら、これまでのブランクを埋めた。また、今回のファンミーティングの特別MCに選ばれた俳優イ・ドンジンの進行で行われたカムバック能力検証コーナー「ホ・ヨンセンVSホ・ヨンセン」では、過去のホ・ヨンセンと歌、ダンス、バラエティーセンスなどを比較。カムバックが可能な能力を持っているかを検証し、会場は大いに盛り上がった。

また、SS501の1stアルバムの収録曲「Again」を甘い雰囲気で届け、ファンをメロメロにしたホ・ヨンセンは、米国のポップ歌手ブルーノ・マーズとマイケル・ジャクソンのカバー曲をはじめ、2ndミニアルバムの収録曲「Intimidated」を披露し、客席の雰囲気を一段と熱くした。そして、次のコーナー「ファンVSホ・ヨンセン」では、ファンとの名勝負を繰り広げ、勝負師らしい姿を見せた。

続けて3rdミニアルバムの収録曲「全部知ってる」を歌い終えると、「約1年10ヶ月ぶりのファンミーティングにもかかわらず、変わらず席を埋め尽くしてくださった皆さんに心から感謝しています。年末のミュージカル活動をはじめ、今後、さまざまな姿でファンの皆さんにお目に掛かる予定なので、引き続き多くの関心、声援をお願いします」と伝えた。

ホ・ヨンセンは2rdミニアルバムの収録曲「Hello Mello」を最後に、ファンミーティングを終了。名残惜しそうなファンのアンコールに応え、再びステージに上がったホ・ヨンセンは、2013年にファンのために発売したスペシャルアルバムのタイトル曲「体の弱い子」をファンと一緒に熱唱し、除隊後初のファンミーティングを締めくくった。

なお、ホ・ヨンセンは来月5日、東京・渋谷のAiiA Theater Tokyoでファンミーティングを開催する。

シェアする

フォローする

にほんブログ村 芸能ブログ 韓国芸能人・タレントへ にほんブログ村 音楽ブログ K-POPへ