イ・ホンギ1stソロアルバム「FM302」にアメリカの有名なミュージシャンが参加

シェアする

人気バンドFTISLANDイ・ホンギのソロデビューアルバムに、アメリカの有名ミュージシャンが参加して期待を高めている。

ftisland20151116

ホンギの1stソロアルバム「FM302」のタイトル曲「INSENSIBLE」を作曲したスティーブン・リー(Steven Lee)は、「アベンジャーズ2」のインターナショナル版のテーマ曲である「In Memories」を作曲し編曲までした作曲家で、ホンギのソロ曲の作曲と編曲を担当した。「INSENSIBLE」の共同作曲家であるジミー・リチャード(Jimmy Richard)は、マイリー・サイラスやジョナス・ブラザーズなど世界的に有名なアーティストと作業したミュージシャンだ。

このふたりの作曲家は雄壮なオーケストラサウンドを配置しながらモダンポップを志向した編曲を進行し、ヘビーディストーションのギターサウンドまで絶妙に調和させて曲の雰囲気を最大限に表現した。

「INSENSIBLE」のミックスエンジニアリングは、アメリカニュージャージーで行なわれた。ブルーノ・マーズ、カニエ・ウェスト、アリアナ・グランデ、エミネム、アッシャーなどとの作業で10回以上グラミー賞を受賞したエンジニアの巨匠ケン・ルイスが参加して完成度を高めた。

ホンギは、17日の0時にホンギの公式ホームページでミュージックビデオのトレーラーを公開し、午後3時2分に自身のSNSにアルバムスのポイラーと全曲のトラックリストを公開する予定だ。18日の0時1stソロアルバム「FM302」を発表する。

シェアする

フォローする

にほんブログ村 芸能ブログ 韓国芸能人・タレントへ にほんブログ村 音楽ブログ K-POPへ