ソン・ジュンギがドラマ撮影中に空中から落ちて腕を負傷、経過観察中

シェアする

俳優ソン・ジュンギがKBS2新月火ドラマ「太陽の末裔」の撮影中に腕を負傷し、経過を見守っている。

25日、ソン・ジュンギが所属している事務所の関係者はTVレポートに「アクションシーンの撮影中に腕を怪我した。検査の結果、2~3日間経過を見守らなければならない状況だ。現在、安静を取っている」とし、「具体的なシーンは言及し難いが、撮影中に空中から落ちて腕などを負傷した」と明かした。

「太陽の末裔」は12月までに撮影を終えなければならないため、急いで撮影が行われている状況だ。幸いソン・ジュンギの怪我は、撮影に影響を及ぼさないものと知られた。

「太陽の末裔」は、見慣れない地、厳しい環境の中で、恋と成功を夢見ている若い軍人と医師たちを通じて、人生の価値を描く超大作ヒューマン・ラブストーリードラマだ。

ソン・ジュンギ、ソン・ヘギョのほかにチン・グ、キム・ジウォン、カン・シニル、SHINeeのオンユなどが出演し、「シークレット・ガーデン」「相続者たち」のヒットメーカーキム・ウンスク脚本家と「女王の教室」のキム・ウォンソク脚本家、「秘密」「ゆれながら咲く花」「ドリームハイ」などを通じて最高の演出力を披露したイ・ウンボク監督が指揮をとり、話題を集めている。

シェアする

フォローする

にほんブログ村 芸能ブログ 韓国芸能人・タレントへ にほんブログ村 音楽ブログ K-POPへ