VIXXのレオ、ミュージカル「マタ・ハリ」のアルマン役にキャスティング

シェアする

VIXXのレオ(LEO)(チョン・テグン)が、ミュージカル『マタ・ハリ(MATA HARI)』にキャスティングされた。

vixx20151216

ミュージカル『マタ・ハリ』は、総製作費250億ウォンを投入したEMKミュージカルカンパニーの最初の創作ミュージカル。レオは、ミュージカル『マタ・ハリ』のアルマン役にキャスティングされ、オム・ギジュン、ソン・チャンウィらと共演する。

ミュージカル『マタ・ハリ』は、第1次世界大戦中に2重スパイ容疑で銃殺された美しい舞姫マタ・ハリのドラマチックな人生を基にした作品で、20世紀初盤の華やかなパリとムーランルージュの舞台をそのまま再現し、最高のミュージカルになると期待されている。

レオが演じるアルマンはマタ・ハリが恋に落ちる唯一の男性で、ムーラン・ルージュの華やかな人生にマタ・ハリの秘められた裏側を包み愛する純粋な男性として知られており、多くの女性ファンをときめかせる見通しだ。

レオは「ミュージカル『エリザベート』や『皇太子ルドルフ』、『レベッカ』などを見ながらEMK作品に必ず出演したいと思ってきた』とし「大先輩と一緒に一つの舞台に立てることになり、非常に光栄だ」と伝えた。

韓国のトップアイドルグループVIXXのメインボーカルであり、作詞作曲、プロデュース能力まで備え、格別な音楽への熱意や可能性を証明してきたレオは、初めて挑戦したミュージカル『フルハウス』でイ・ヨンジェ役を務め、安定的な歌唱力と演技で好評を得た。

ミュージカル舞台の夢を育ててきたレオは、ボーカルトレーニングから演技の練習まで1つづつ学び、長く徹底した準備期間を経て、この『マタ・ハリ』のオーディションに臨んだと伝えられた。

レオが出演するミュージカル『マタ・ハリ』は、2016年3月にブルースクエアサムスンホールで幕開けする。

シェアする

フォローする

にほんブログ村 芸能ブログ 韓国芸能人・タレントへ にほんブログ村 音楽ブログ K-POPへ