GOT7のJr.が映画「降りしきる雪」でスクリーンデビュー

シェアする

人気アイドルグループGOT7のメンバーJr.(ジュニア)がスクリーンデビューを果たす。

got720151222

ミョンフィルム映画学校は22日、同学校の第1期の作品「降りしきる雪」(監督:チョ・ジェミン)の男女主人公にGOT7のJr.と女優ジウがキャスティングされたと明らかにした。

ミョンフィルム映画学校は、「JSA」「私たちの生涯最高の瞬間」「建築学概論」などを製作した映画社ミョンフィルムが、将来の韓国映画を導いていく映画の職人を育成しようという趣旨で設立したアカデミー。

映画「降りしきる雪」は、田舎の町に転校してきた男子生徒が同じクラスの女子生徒に出会ってから繰り広がる物話を描く作品。

特に映画「降りしきる雪」は、昨年、映画振興委員会が開催した長編シナリオ制作支援作選定で最優秀作品賞を受賞した作品で、さらに期待を集めている。

ミョンフィルム側は今回のキャスティングと関連して、「Jr.とジウは、劇中のキャラクターのイメージと驚くほど一致する」とし「これまでのWebドラマを通じて演技力を磨いてきたJr.のスクリーンデビュー作。十代の少年の激しい心理変化を演じることで、大衆に存在感を確実にアピールできると思う」と自信を示した。

映画「降りしきる雪」は2016年1月1日にクランクインする予定だ。

シェアする

フォローする

にほんブログ村 芸能ブログ 韓国芸能人・タレントへ にほんブログ村 音楽ブログ K-POPへ