SS501の活動休止以来7年ぶりに再始動、Double S 301 日本コンサート

シェアする

SS501の活動を休止して以来7年ぶりに再始動を果たした“Double S 301”が、4月25日TOKYO DOME CITY HALL、4月27日大阪・オリックス劇場にて待望の日本コンサート「U R MAN IS BACK in JAPAN」を開催した。

ss50120160430

2010年にグループ活動休止した後、各メンバーはソロとして歌・ドラマ・ミュージカルなどさまざまなステージで活動してきたが、今年になってSS501のスペシャルユニットとして誕生したDouble S 301のメンバー、ホ・ヨンセン、キム・キュジョン、キム・ヒョンジュン(マンネ)の3人が集結し、活動を再開。2月16日には韓国でミニアルバム「ETERANAL 5」を発表し、活動曲『PAIN』は音楽番組「THE SHOW」で見事に1位を獲得した。そして、3月19日、20日ソウル、4月2日台湾で単独コンサートを行い、4月20日に日本オリジナル楽曲によるミニアルバム「ETERNAL S」をリリースした。

東京公演は、彼らの始発点の曲『U R MAN』でスタート。続く新曲『DIRTY LOVE』ではゆったりとしたメロディからサビで一気にビートを強め、会場のテンションを一気に上げた。「皆さん、本当に会いたかったです」とヒョンジュンが、「僕たちは今日、ずっと日本語で話します」とヨンセンが、息を切らしながらあいさつ。キュジョンが「ごめんなさい。30歳と31歳ですから」と謝ると、ヨンセンが「今、三十路!」と日本語で語り観客の笑いを誘うなど、冒頭から観客をしっかりとりこに。

その後、SS501のヒット曲や、当時の楽曲を披露。定評のあるバラードでは、素晴らしいハーモニーで魅せた。またソロコーナーでは個々の特性を見せ、さらに 日本ミニアルバム「ETERNAL S」に収録された楽曲を初披露。ラストは、本来は5人によるアカペラのバラード曲『All My Love』。観客全員で大合唱し、ヨンセンがアカペラで<永遠に/ずっと離れない>と熱唱。最後は3人で肩を組みながら<All my love for you>と歌った。そしてアンコールの『ホシゾラ』では、涙もろいキュジョンが涙をこらえながら歌うシーンもあった。

Double S 301は今後も日本活動を継続する予定。「501と301のメンバー全員の活動を応援してください」と語り、Double S 301はもちろんのこと、将来は5人での活動再開をも願う再スタートを成功裏に終えた。

シェアする

フォローする

にほんブログ村 芸能ブログ 韓国芸能人・タレントへ にほんブログ村 音楽ブログ K-POPへ