VIXX、日本ツアーファイナルで新曲初披露&日本シングルリリースを発表

シェアする

VIXXが5月1日、パシフィコ横浜 国立大ホールで「2016 VIXX JAPAN LIVE TOUR “Depend on”」を開催した。

vixx20160503

日本での単独公演は約1年ぶり、しかも初の日本オリジナルツアーということもあり、各会場でチケットはソールドアウトの盛況ぶりで、4都市5公演・計12000人を動員。またツアーファイナルとなった本公演で、6月29日に日本3rdシングルをリリースすることを発表した。

ライブは、1月にリリースされた日本1stアルバム『Depend on me』収録曲を中心に構成。タイトル曲「Depend on me」はもちろん、2本のマイクスタンドを使ったダンスが斬新な「Can’t say」や「迎えに行こう」、ラビが書き下ろした「With Me」といった日本オリジナル曲や、「Chained up」「呪いの人形」「Error」「傷つく準備ができてる」「奇跡(Eternity)」といったVIXXの代表曲などをアンコール含めて23曲、約2時間半たっぷりと聴かせた。

今回の日本オリジナルツアーのために、メンバーたちはスペシャルステージを用意して臨んだ。そして、最大のスペシャルとなったのが、4月19日に韓国でリリースし韓国国内の各音楽番組で1位を獲得した新曲「Dynamite」の日本初パフォーマンス。新曲の披露にファンも大興奮で、ひときわ大きなファンコールが上がった。

ライブ最後のMCでは、ラビに「お知らせがあります」と促されたエンが、「6月29日に日本3rdシングルをリリースします! バラード曲です。本当にステキな、完璧な曲です」と、約半年ぶりの日本でのリリースをサプライズ発表。初のバラードタイトル曲への自信をうかがわせ、会場からの大きな拍手を集めた。

日本での2016年は、1stアルバム『Depend on me』の“支配する愛”で始まったが、「Dynamite」でスタートした今年の韓国活動は、“運命”と“破滅”がキーワードになるという。吸血鬼、呪いの人形、サイボーグから愛の奴隷まで、毎回ユニークなコンセプトで驚かせてくれるVIXXだが、6月にリリースされる新曲バラードのコンセプトに早くも注目が集まっている。

シェアする

フォローする

にほんブログ村 芸能ブログ 韓国芸能人・タレントへ にほんブログ村 音楽ブログ K-POPへ