CNBLUE、日本デビュー5周年を記念するアリーナツアーを盛況の内に終了

シェアする

CNBLUEが、5月31日の大阪公演を最後に、2016年度初の日本アリーナツアーを盛況の内に終えた。

cnblue20160601

CNBLUEは5月22日の名古屋・日本ガイシホール公演でアリーナツアー「CNBLUE SPRING LIVE 2016-We’re like a puzzle」をスタートさせ、26・27日に東京・日本武道館公演、31日の大阪・大阪城ホール公演で同ツアーを締めくくった。3都市4公演で合わせて約4万人を動員した。

日本メジャーデビューを発表した2011年の横浜アリーナライブから、アリーナの中央に設置されたステージを客席がぐるりと囲むセンターステージが定番となっているCNBLUE。今回のツアーはセンターではなく、通常のステージ位置の後方にセットを建てずに360度に客席を設けたステージ。LEDモニターの映像演出やセットに頼らず、パフォーマンスだけで勝負しようというロックバンドらしい潔さが見えるシンプルなステージ構成だ。

CNBLUEは、リード曲「Puzzle」や「Take me higher」など、10枚目のシングルの収録曲を含む計22曲のライブをこなし、軽快なステージを披露した。「永遠の愛」を今回ツアーのテーマに据えたCNBLUEは、甘いラブソングや素敵なイベントなどでファンの心をつかんで一体化。全席売り切れが続いた公演では感動的な雰囲気を演出し、アリーナツアーのフィナーレを飾った。

今年10月、CNBLUEは日本メジャーデビュー5周年を迎える。新曲「Puzzle」と本ツアーがアニバーサリーイヤーのスタート。CNBLUEの活動からますます目が離せない。

シェアする

フォローする

にほんブログ村 芸能ブログ 韓国芸能人・タレントへ にほんブログ村 音楽ブログ K-POPへ