ユチョンの相次ぐ告訴報道に所属事務所が新たな公式コメントを発表

シェアする

JYJのユチョンが17日までに計4人の女性から性的暴行の疑いで告訴された報道に関して、所属事務所側は新たな公式コメントを発表した。

yuchon20160619

17日、ユチョンの所属事務所C-JeSエンターテインメントは公式報道資料を通じて、「警察の捜査結果を待つのが無意味だと思った」とし、「1件目の告訴に対して恐喝罪と虚偽告訴罪で江南(カンナム)警察署に告訴状を提出する。また、2件目以降の告訴にも事実関係が把握でき次第、強力に対応する予定である」と伝えた。

以下はC-JeSエンターテインメントの公式発表全文である。

社会的に大きな波紋を起こす事件に巻き込まれ、申し訳なく、心からお詫び申し上げます。

C-JeSエンターテインメントは、このところ報道されているユチョンの様々な記事に関して、これまで対応を自制しようとするつもりでした。

これは、事実関係も全くわからない告訴に対してマスメディアに対応するよりも、警察の捜査結果が出た後に正当に法的対応することが手順だと考えたからです。

しかし、ユチョンと関連した無分別な告訴を見ながら、警察の捜査結果を待って対応をすることは無意味であるという考えに至りました。

まずは最小限の事実関係が把握された1件目の告訴について、月曜日(20日)に恐喝罪と虚偽告訴罪などで江南警察署に告訴状を提出する予定です。

また、2件目以降の告訴に対しても、事実関係が把握でき次第、虚偽告訴罪など強力に対応する予定です。

当社は、ユチョンの無実の証明と名誉回復のために警察の捜査に積極的に協力する予定です。

シェアする

フォローする

にほんブログ村 芸能ブログ 韓国芸能人・タレントへ にほんブログ村 音楽ブログ K-POPへ