KBS新ドラマ「太陽の末裔」の台本読み合わせ現場が公開

シェアする


ドラマ「太陽の末裔」の台本読み合わせ現場が公開された。

5月28日にソウル汝矣島(ヨイド)KBS別館では、KBS 2TVの新ドラマ「太陽の末裔」(脚本:キム・ウンスク、キム・ウォンソク、演出:イ・ウンボク)の台本読み合わせが行われた。

現場に続々と到着したソン・ジュンギ、ソン・ヘギョ、チン・グ、キム・ジウォン、カン・シニル、ソ・ジョンヨン、イ・スンジュン、Juniなどの出演陣とイ・ウンボクプロデューサー、キム・ウンスク、キム・ウォンソク脚本家をはじめとする制作陣は挨拶して着席した。

「このような素敵なドラマを素敵な方々とご一緒できて嬉しいです」と話したイ・ウンボクプロデューサーは、「うまくいけば嬉しいですし、うまくいくと思います。放送終了後に皆で集まって、嬉しい瞬間を迎えたいです」と期待を示した。「お会いできて光栄です。宜しくお願いします」という短い感想を伝えたキム・ウォンソク脚本家に続き、キム・ウンスク脚本家は「本作でちょうど10作目になります。良い脚本を書きますので、素敵な演技をお願いします」と語った。

除隊して休む暇もなく台本読み合わせの現場に出席したソン・ジュンギは「兵役中も今日のような台本読み合わせや打ち上げパーティーができる日を想像していました。ご一緒して頂き、本当にありがとうございます。死ぬ気で頑張ります」と覚悟を示し、大きな拍手をもらった。続いてソン・ヘギョは「素敵な作品に出会えて幸せですし、素敵な先輩、後輩の皆さんと共演できて嬉しいです。私だけが頑張れば大丈夫だと思います」と感想を伝えた。

全文

シェアする

フォローする

にほんブログ村 芸能ブログ 韓国芸能人・タレントへ にほんブログ村 音楽ブログ K-POPへ